日記緑ログ

2007/01/18 ~ 2007/01/30

目次

戻る

Blog

テキスト画像化バッチ処理の現状(2007-01-18)

[Create: 2007/01/18 17:07] [LastUpdate: 2007/01/18 17:15]

バッチ処理出力サンプル

画像は

芋粥

芥川龍之介

の一部。青空文庫よりデータを拝借いたしました。関係各位に感謝申し上げます。

ルビ処理を適当につけました。

ルビはほぼ別処理で流しているため本文にほとんど影響を及ぼしません。

影響を及ぼすことも可能になるように2パス以上のマルチパス処理にしようと思います。

ルビのセンタリング・均等割付は容易ですが、文字ごとに対するルビ振りは面倒です。

あとは地付きとか色とかもどうするかといったところ。

一週間ぐらい触っていませんが。

DDNS

[Create: 2007/01/27 08:56] [LastUpdate: 2007/01/27 08:56]

ddo.jpでは2006年12月から無料の登録に於いては登録ドメインでのWEBページ公開の際にはlivedoor検索窓を設置しなければならなくなった。

WEB以外の利用では問題無いはずだがふとしたときにちょっとhttpdを立ち上げて何かをする……といった使い方をしにくくなったように感じる。

そもそもの利用目的は外部からのちょっとしたアクセスにあるので気にすることもなさそうだが別のDDNSサービスに移行しようかなと思うようになった。

移 行先のサービス名は重要ではないので出さない。実際のところ面倒なことを言わないところならどこでもかまわない。ちょっとのお金をだすならばddo.jp にとどまっていてもいいわけだが(月500円である)、それをするなら"ddo.jp"をつけておく意味はなさそうだ。

まあそれはよい。

DDNSの更新作業は手作業でやると結構面倒だし更新忘れも多くあるだろう。更新作業を自動化してくれるツールとして有名なツールもあるが、さらっと自前で書いてしまった。今も影でもくもくと更新してくれているはずだ(83分毎)。

予 断だがこういったものはユーザーアプリケーションとしてよりも、デーモン(Windows NT系ならサービス)として動作して欲しいものだ。ログインしないとDDNSが更新されないといった使い方だとPCの電源をポチっとしておいてリモートで 操作といった使い方が危うい(何らかのユーザーとしてログインしていればいいわけだがいったんログオフまたは再起動した時点で不運にも回線が切断された場 合にIPが変わって手がつけられなくなる状態に陥る可能性がある)。

ともあれ自動更新がお勧めです。

テキスト画像化バッチ処理の傍点処理

[Create: 2007/01/30 06:20] [LastUpdate: 2007/01/30 06:30]

のんびりやりすぎてやる気が無くなる心配があるがともあれ傍点処理を考えてみよう。

といっても表示の問題だ。

まずはフォントだ。JIS X 0213準拠のグリフを持つフォントならば傍点のグリフもあるはずだ。

自前でイメージを用意してもいいがまずはフォントを使うことにしよう。

そうしたときに問題になるのがサイズだ。丸傍点として●を使ったりするとサイズが大きすぎるだろうと思うのだ。ただしゴマ傍点ではどうだろうと思うとこれは元々大きくないように思うのだ(●とゴマでは元々の用途が異なるように思える)。

じゃあどうするの? というところだがとりあえずは振り文字サイズでやっておけばいいんでないの? と。ゴマが小さくなりすぎるとは思うので、別処理にしてもいいかもしれませんが。