日記緑ログ

2005/06/03 ~ 2005/06/28

目次

戻る

Blog

日本最古の蛙カレー

[Create: 2005/06/03 19:56] [LastUpdate: 2005/06/03 20:12]

日本最古のカレーはいかが-横浜

「横濱カレーミュージアム」(横浜市)で「日本最古」のカレーが再現・販売された。明治5年の料理書を参考に作られた。ひとつはカエルの肉、他方は長ねぎが使われている。両方ともあっさり味という(2日) 【時事通信社】

最古のカレーに葱というのは聞いていましたが蛙というのは初耳でした。

蛙は中華ではよく食べます。北大路魯山人も中華の蛙がうますぎて日本に居るひき蛙を食い放題ということも言っています。

魯 山人は食用蛙よりひき蛙のほうが美味しいといっています。食用蛙といえば、アメリカザリガニというのははじめは食用蛙のえさとして輸入されたのでした。 ヨーロッパ方面ではザリガニなんてそのまま食うものでえさになんてしないでザリガニを食ったほうが率がよかったのでは?と思いますが、それはやはり蛙を食 べなれていたせいでしょう。おそらく。

それだけ。

BitBltで透過処理

[Create: 2005/06/07 21:21] [LastUpdate: 2005/06/07 21:59]

合成したい画像

語り尽くされているネタですが、ちょっとしたお話を。

まず、図のようなものがあったとします。

合成先の画像

さらに、こういった背景があるとして

合成結果

一枚目を透過処理して(RGB(0,255,0)を透かして)このようにしたいとします。

このとき、マスク画像を作ることになります。

マスクといっても二種類あって、残したい部分を黒にするもの(ここでは黒マスクと呼びます)と、残したい部分を白にするもの(同様に白マスクと呼びます)があります。それぞれ、透明にしたい部分を白、黒にします。

黒マスクの場合は貼り付ける画像の背景は黒にします。同様に白マスクのときは白にします。

黒マスクはまずマスクを下地の画像にAND演算して、貼り付ける画像の形にくりぬき、画像をOR演算でのせます。

白マスクの場合は逆でまず、OR演算して白く塗りつぶしてからANDで落とします。

私は普通というか黒マスクのほうを頻繁に使っていたのですが、ここでは白マスクにしてみます。

マスク

まず、マスクを作ります。

1ドットずつ見るのもいいのですがBitBltで一発処理可能です。

まずマスク用に1ビットのビットマップを作成します。

CreateBitmap(w, h, 1, 1, NULL);

とでもしてください。

それをCreateCompatibleDCで作成したDCにSelectObjectして使えるようにしておきます。

元の画像の背景色をセットします。1画素1ビットのビットマップでは背景色が黒になり、その他の色は白になります。

SetBkColor(SourceDC, RGB(0,255,0));

そしてマスク用のDCにBitBltします。

BitBlt(MaskDC, 0, 0, w, h, SourceDC, 0, 0, NOTSRCCOPY);

このときNOTSRCCOPYとすることで白マスクになります。SRCCOPYだと黒マスクになります。

元をマスクした結果

次に元画像を修正してやります。透過する部分を白で塗りつぶしてやります。

マスクを反転させてORを取ればいいことになりますので

BitBlt(MaskDC, 0, 0, w, h, NULL, 0, 0, DSTINVERT);

BitBlt(SourceDC, 0, 0, w, h, MaskDC, 0, 0, SRCPAINT);

こうして反転させてからORと正しくやろうとしてもいいのですがこうするともう一度反転させなければならなくなりますので(黒マスク処理のときは反転させないでANDしてマスクを反転させるとまあ無駄が無い)、INVERTせずに

BitBlt(SourceDC, 0, 0, w, h, MaskDC, 0, 0, MERGEPAINT);

としましょう。MERGEPAINTは元をNOTしたものとORを取ることになっています。

ここまできたら後は

BitBlt(hDC, 244, 118, w, h, MaskDC, 0, 0, SRCPAINT);

BitBlt(hDC, 244, 118, w, h, SourceDC, 0, 0, SRCAND);

とすれば透過Blt処理終了です。

マスク画像をあらかじめ用意するのは意外に手間だったりしますのでこういうことができると覚えておくといいんじゃないでしょうか。

と はいってもMaskBltとかTransparentBltのような新しいGDI関数だとこんな処理自体要らないわけですが。それよりもαブレンドを使う という手も最近では実用範囲になっているのですが、極端に重かったりすることもありますのでまだまだこういうのは有用だと思います。単純だし。しかもα値 なんて使わないでいい場面がまだまだあります。

スパコンで脳のシミュレーション

[Create: 2005/06/08 21:13] [LastUpdate: 2005/06/08 21:46]

実はこういうネタはあまり人気が無いのは分かっているのですが趣味というか好みなもんでやめられません。大抵人気のあるやつは本当に日記風の随筆のようなものなんですよね。人気が欲しいわけではないのでこれでOK。

さて、今日のネタですが、米IBM:スパコンで脳のシミュレーションモデル構築へです。

以下に全文引用

米IBM:スパコンで脳のシミュレーションモデル構築へ

logo 2005年 6月 7日 (火) 23:28

  米IBMは6日(米国時間)、スイスのローザンヌ連邦工科大学(EPFL)と共同で、スーパーコンピューターを使って脳の主要部分のモデル作成とシミュ レーションに取り組むと発表した。4ラック構成の商用スパコン「eサーバー・ブルー・ジーン」を使い、新皮質と呼ばれる脳で最大かつ最も複雑な部分を、分 子レベルでモデル化する。

 共同研究の名称は「ブルー・ブレイン・プロジェクト」。今後2年がかりで、新皮質の電気化学的な相互作用をシミュレートする立体モデルを開発。将来的には、プロジェクトを拡大して脳の他の部分もモデル化し、脳全体をシミュレートする正確なモデルを構築したい考えだ。

 同プロジェクトでは、思考・認知・記憶などのプロセスを解明し、脳内の微小回路の不全が自閉症や統合失調症、うつ病などを引き起こす仕組みへの理解が深められると期待されている。

 IBMがEPFLに納入するシステムは、冷蔵庫4台程度の設置面積で、ピーク時性能で22.8テラFLOPS以上になるという。

[ブルー・ブレイン・プロジェクト]

http://domino.research.ibm.com/comm/pr.nsf/pages/rsc.bluegene_cognitive.html

(高森 郁哉/Infostand)

ま あこれは誰でも考えつくというか私のほうでも常々人の体を、分子、ないし原子レベルで正確にエミュレートすれば(当然食物やら空気やらも必要になります が)まったく正確かつ完璧な人工知能(とはいえないかもしれないがまったく知性とよんで差し支えないもの)ができると思っています。

あるいはもう少し簡単にして、脳をシミュレートし、体を例えばPC内で3Dで作成し、PC外とのインターフェイスを用意するか、まったく精密なボディを与えるかするとまた知能が生まれそうです。

健 全な精神は健全な肉体に宿るといわれる通り、まず肉体ありきで、人工知能の発達が進むのは100メートル18秒台でダッシュでき、垂直とび一メートルで、 走り幅跳びが5メートルの素体ができたときだと確信しています。それにはおそらくリニアモーター型の装置が筋肉の変わりに使えるのではないかと考えていて (魚の筋肉の動きをワイヤーでという話がありましたがモーターがワイヤーを巻きつける動きはそれほど速くないし、歯車をかりかり組み合わせてもパワーが出 ませんので筋繊維のように心棒と周りを電磁石のようにして組み合わせるとパワーもスピードも上がると思っています)そのうち出るだろうと思っていますが別 の話。

【中国】 テイクオフ:日本ではあまり使う機会…

以下引用。

【中国】 テイクオフ:日本ではあまり使う機会…[社会]

logo 2005年 6月 8日 (水) 04:00

日本ではあまり使う機会のないエレベーター内の「閉」ボタンだが、こちらではフル活用されている。

乗っ たらまず「閉」ボタンを連打。途中で止まり誰かが乗り込んできたら、舌打ちをしながら連打。誰かが降りたらすぐ連打。往年のファミコン名人のようにとにか く連打。ドアの開閉に時間がかかるのが嫌なのか、みな連打をくり返す。逆に「開」ボタンが活用されている例はあまり見たことがない。

一方でエレ ベーターを呼ぶ際に「上」「下」を同時に押して待っている人もまだ多い。結局目的の階に到達するまで余計な時間を取られるハメになるわけだが、そんな人に かぎって「閉」の連打が一番激しかったりする。せっかちなのか何なのか、それとも時間のとらえ方が違うのか。箱形の空間のなかで今日も不思議を考える。 (潮) <広東>

連打というのは面白い話で連打をすると早くなる気がしたりするものです。実際には絶対にそんなことはないわけですが。

中 国との文化の違いというと万引き、置き引き、空き巣などの犯罪にも見られます。日本でもかなり少ないほうなのですが中国では輪をかけて少ない。というかま あ絶対にないんだそうです。殺傷とかは知りませんが日本にきている中国の人が犯罪を犯して云々という話がありますがそれは多分に酷い労働条件のせいでしょ う。不当な給料しかもらえないし、回りからはさげすまれたりするんでしょう。日本人の悪いところです。相手も日本にいるわけで自分たちと同じ暮らしをして いるわけですから金策が大変なことぐらい分かるでしょうに。これ、アジア圏での日本の系列会社などでもいえます。酷い労働条件。働かせすぎ。賃金が安い。 馬鹿にしていますね。そのへんのおっさんはよく考えるように。あとおばさんも。

といっても階級制度、学歴社会などが髄まで、髪の毛の先、産毛の一本一本にまで染み付いている人には言っても無駄なのかもしれませんが。

レジ袋有料化

[Create: 2005/06/10 20:23] [LastUpdate: 2005/06/10 20:55]

レジ袋、07年にも有料化 法整備で促進 環境省方針

と、まあそういうことです。

一部引用

海外では、02年に韓国でデパートやスーパーが業界内で自主的に協約で有料化を決めた。台湾では法律で有料化を規定。アイルランドでは、レジ袋配布時に税金を徴収している。

と、ここだけ。

韓 国ではというか韓国しか知らないのですが一枚五円ぐらいです。紙袋も。加えて割り箸なども有料です。飲食店でも割り箸を使っていません。なにをつかってい るとまあ普通に箸と匙なんですが箸はステンレスです。しかも日本のように正方形や、円形ではなく、つぶれています。日本の端になれていると使いづらい。そ れと爪楊枝も木や竹ではありません。なにかというとプラスチックなんですね。まあ私は楊枝でシーシーとかは興味がありませんのでどうでもいいんですが。

ちょっ と考えたいのが割り箸と、楊枝なんです。竹の割り箸や楊枝もあります。少し高いんですけれど。でもですね、竹なんてへたな雑草よりも性質が悪くてへたにた けのこ食べたさに植えたらさあたいへん。一山、一町竹だらけ。木は枯れ、地はまあ裂けませんがそのぐらいに簡単になってしまいます。しかもまあ例えば1畝 ぐらいに竹を囲って植えたとして(つまり1aです)最初の1~2年は数本ですが数年経つとまあ今の時期は主食をたけのこにしても一家四人で余るぐらいに なってしまいます。これが囲ってないと…無制限に広がりますよね。

と、竹の生命力はいいとしてそのぐらいの勢いで生えますし、一年ですくすく大人と同じぐらいに伸びます。まあ一年物は身がしまっていないので2~3年物を使うとしてもへたに木を使うよりよほど大量に使える気がします。

ついでに言っておくと、竹は生長しきると腐りにくいのでそのあたりに転がしておいても原型が長く残ります。しかも養分になりにくいもので埋めれば腐るでしょうがころがしておいたらもう十年は腐らないんじゃないかとか思ってしまいます。そのかわりよく燃えますが。

クジラやイルカ、年30万頭が漁業の犠牲に

ま あこれもそうですかというところなんですが、増えすぎたミンク鯨とかはまったく情報を出さないのはどういうことなんでしょうか。日本近海でざっぱざっぱに しんとか食ってるんですが。漁獲が減ったのは鯨が増えすぎたせいも多少はあるのですけれど対米関係を考えたのか大抵はこういう情報がでてきませんね。

途上国でこういうことをいっても難しいでしょう。自分たちだってドードーやらサーベルタイガーやらを絶滅に追い込んでいるわけで、途上の国にとやかくいってもねぇ。そこまでいうなら指導でもして援助したら?とかそういう話になるんではないでしょうか。

とかいう話はわけがわからないのでどうでもいいとして、明日は端午の節句。ちまきを食う日です。ついでに今日は菖蒲湯です。

TransparentBlt

[Create: 2005/06/16 23:06] [LastUpdate: 2005/06/16 23:37]

BitBltで透過処理を書いて、そういえばというかAPIにはそんなことやってくれるやつが用意されていることは知ってはいるもののまったくもって誰も使わないのではないか?とまで思われるものにTransparentBltがあります(MSDNは日本語版が(http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/ja/jpgdi/html/_win32_transparentblt.asp)、英語が(http://msdn.microsoft.com/library/en-us/gdi/bitmaps_2y9g.asp)にあります。日本語は古い英語版を訳したままのようで、最新の英語版の追従できていないので英語版を見るといいと思います。)。

似たようなあまり使われないAPIにMaskBltもありますが、これはとりあえずおいておきます。

Windows NT/2000/XP: Included in Windows 2000 and later.

Windows 95/98/Me: Included in Windows 98 and later.

とありますが、Windows98ではメモリリークします。とばっちり書いてあります。TransparentBltの代わりになる関数をBitBltを使って作成する記事が紹介されています。

How To Drawing Transparent Bitmaps

というか、こんなもんMSDNで紹介したら誰もTransparentBltなんて使わないと思うんですが…。

BitBltで透過処理の 処理内容よりも、こっちのほうがMSに従うという意味ではいいでしょう。私の記事のほうははじめにマスクと、透過Blt用の画像を用意しておいて(Blt 用の画像はロードしたものをそのまま加工してしまっていますがCompatibleBitmapを作ったほうが早かったりするかもしれません)それを使い 回しするように考えたもので、この記事のように四つもDCとBitmapを作成しませんし、毎回作るわけでもありません(そのかわり確保しっぱなしです が)。それ以外の違いといえばDPtoLPとSetMapModeでしょうか。その程度ですのでお好きにといったところでしょうか。お手軽に行くならMS 方式のほうがBitmapをロードしてぽいっと渡すだけなので楽だしわずらわしくないので実はお勧めです。

というかTransparentBltを薦める記事を書いて、いいかげんWindows95とはおさらばとか言いたかったのですが(といっても私は使っていますが)。

桑の実のジャム

[Create: 2005/06/24 20:56] [LastUpdate: 2005/06/24 20:57]

癖があります。

おでん缶

[Create: 2005/06/28 21:27] [LastUpdate: 2005/06/28 21:31]

いまさらながら思い出したのですが、おでん缶について。

おでん缶=秋葉原という公式が成り立つほどおでん缶と秋葉原の結びつきは強いようですがもちろんそうではないはずです。

私は十年近く前に一度どっかのスーパーでおでん缶を購入して食べたことがあります。

常温だったので湯煎で暖めましたが。