日記緑ログ

2005/02/01 ~ 2005/02/27

目次

戻る

Blog

P2P

[Create: 2005/02/01 21:06] [LastUpdate: 2005/02/02 21:56]

一月ぐらい遅れた話で申し訳ないんですがこれとかこれ

NECもP2Pで遊ぶらしい。

NTTだかもP2P期待してるというし(ワザあり)。

私ももちろん期待しています。

NECもきっちり作ってほしいところですね。

P2Pといえば有名どころではfree○○とかBit○○とか。Win○○とかでしょうか?あとPeer○○とか?

それぞれWEB、WEB+FTP、FTP、その他ストリームに近いかなと思いますがどうでしょうか。

P2Pのソフトはナローバンドでは使いにくいものばかりなのでどうしようもありませんが、それは(時の流れによって)許容できるかなと。ちなみに私ナローバンドなものですから使えてません。

ファイル交換とかいうものはとかく違法行為につかわれがちですがサーバー側の負担がかなり抑えられるわけで使いようによってはこれほど便利なものは無いのではないかなと。Bit○○などはWEBとの親和性も高いのでかなり有効だと思います。

掲示板専用のP2Pを開発するなどという話もあって実装例もあるわけですがどうも盛り上がりに欠けるようですね。

とりあえずこれだけ。

更新してみるだけ。

ネタが無いだけ。

URIにおけるファイル名の命名規則

[Create: 2005/02/03 20:25] [LastUpdate: 2005/02/07 10:55]

とか意味のわからないタイトルをつけてやる気のありそうなところをアピールしつつ、たまに真面目なことを言っておく。

なにかというとたとえばRSSのデータをキャッシュしておくときの形式なのです。

よくあるのが

http://www.doblog.com/weblog/○○.rss

というURI(URLですがURIに統一したいらしいからこれで)を

www.doblog.com\weblog\○○.rss

というように保存する(\はパス区切りの記号です)方法です。

つまりフォルダを階層ごとに作ってやる方法ですね。

こ れは割合綺麗な方法だと思いますがrssなどの場合はファイル名なんて実はどうでもよくて更新されているかどうかが分かればいいわけです。さらにRSSな どは一つのサイトで一つあればいいわけでフォルダの数がファイルの数より多くなったりして気持ち悪いことになったりします。こういう場合には一つのファイ ルに固めて独自のアーカイブ(というと大げさですが簡易データベースとかでももっと大げさか)するのが割と常套になっているかと思います。

でもそんな面倒なことはOS君に任せてしまいなさい。クラスタ32kByteなんで100Byteのサマリーでも32k食っちゃうんですけどっていうのは無視します。

んでそういうのは一つのフォルダにごっそり重複名をなしに置ければ言い訳です(一人で一万サイトとか膨大な数のサイトを見て回る人はそういないと思うからせいぜい百程度のファイル数になると思う。そうすると一つのフォルダにまとめておいてもOKかと)。

そういうときにはせっかくURIというものがあるわけですからそれをファイル名にしてしまえばOKなわけです。

ここで問題になるのがファイル名に使える文字です。

とりあえずWindowsでは¥/:,;*?”<>|のASCII文字は使えません(<>あたりが消えそうなのでこう書いておきます)。

ついでに言えば一部で8.3とか.を二つ使えないとかのDOS時代の遺産的なファイル名ですが残念ながら切り捨て。あとcom2とかconとかclockとかも無視。

そのときに私の中で候補になったのは2通りの考え方でした。

一つはURIエスケープする方法。%に続けて16進数二桁で文字をあらわす。これだと:やら/やらをエスケープしてしまえばファイル名にできます。

もう一つはBASE64でファイル名をエンコード。

一番目のほうが多分ファイル名も短くなるし、見た目分かりやすいかと思ったんですが、日本語ファイル名とかだと扱いが面倒くさそうなのでパス。というわけで見事にBASE64に落ち着きました。

取り急ぎ書いたのであとで追加するかも。

2005-02-07 ほんのり追記

たとえば

http://www.doblog.com/weblog/myblog/28493

をBASE64にすると

aHR0cDovL3d3dy5kb2Jsb2cuY29tL3dlYmxvZy9teWJsb2cvMjg0OTM=

こうなる。

一個のファイルに纏めると切り出す処理が入って検索処理も加わり数が多くなると大変な感じがする(これも数百程度だろうからさして問題にならないかもしれない)。

それがこの方法だと(ファイル名は長いしあんまり長いURIだと問題がありそうだしファイル数は増えるけれど)変換してファイルがあるかどうか調べて開くだけだからOS次第だけれども速いはず。

何よりファイル構造の心配要らずなのが楽。

HTTPとかでヘッダ情報(LastModifiedとか)を保存しておきたいときもレスポンスヘッダをそのまま格納すれば良いだけで楽だと思う。

でもあんまりこういう事している人をみたことが無い。

ネットで毎週放送

[Create: 2005/02/07 20:03] [LastUpdate: 2005/02/07 20:08]

している番組があります。

様々。

解像度を640×480に保ったままでフレームレートを落として画質を保つ。わからないではないのですがボケているものとか縞が残っているものとか…

これからの展望に期待ですかね。

#MultiBitrateにはしないのかな…

#抽象的な話になっていますが、つまり全体的にコンテンツ作成のクオリティがあがるのはいつになるだろうかということです。

雪が降る時の音

[Create: 2005/02/08 18:30] [LastUpdate: 2005/02/08 19:19]

しんしんと降るというのはよく聞く話ですが実はこれは一定の時期の雪の降り方を表す言葉だというのを以前にNHKあたりの天気予報で見た記憶があります。

それによるとしんしんは春先に降る大粒の雪の降り方だとか。

12月頃にしんしんというのはありえないというはなし。

記憶があやふやなのでざっくり調べようと思ったんですがネットではたいした情報がえられませんでした。残念。

しんしんがどう書くのかはgooの辞書をちょいとご覧下さいませ。

これが深深とか沈沈ならば冷え込むという意味なので間違ってはいないわけなんですが『雪がしんしんと降る』などという場合にはこれらの文字を当ててはいけません。

あと有名な語では『こんこん』というものもありますね。

あとはよく分からない。さらさらとかぼたぼたとかはよく聞くんですが…。

それと春先の雪は『たびらゆき 【太平雪】』というらしい。牡丹雪とかぼたゆきとかはよく言いますがこれは初めて聞いたかも。

『せきれき【淅瀝】』は違うよなあ。

しんしんといえば『駸駸』という言葉もあるもんでとにかくはやい様を表す語ですから、雪が駸駸というのもある意味では有りかも知れません。

-------ちょっと調べ中

ほどろ 【斑】

雪がはらはらと降るさま。

ろうせつ らふ―【臘雪】

陰暦一二月に降る雪。

ねはんゆき【涅槃雪】

涅槃会(え)の前後に降る雪。

ねはん-え ―ゑ【涅槃会】

釈迦入滅の日とされる陰暦二月一五日(現在は三月一五日)に、釈迦の徳をたたえて行う法会。涅槃図をかかげ、遺教経(ゆいきようぎよう)を読誦する。更衣(きさらぎ)の別れ。常楽会。涅槃講。仏忌。[季]春。

ここまで来るとよく分からなくなりますね…。

ち なみにお葬式で引導を渡すというものがありますが、私の家(曹洞宗)ではそのときに生死即涅槃(しょうじそくねはん)、生死即涅槃、涅槃即生死(ねはんそ くしょうじ)、涅槃即生死と唱えつつなにやらばさばさしたブツをぐるりぐるり反対にぐるりぐるりと回し、カツを入れ引導を渡すようになっています。

うーむ脱線が激しい。

とりあえず雪の音が三つ

しんしん、はらはら、こんこん

とでてきましたが、こんこんが一月ぐらいだったのかな?

確信が持てませんので悪しからず。というところなんですが、こういうのは俳句などに使う言葉集とかに載っているのだろうか。

そんなこともこういうページをみているとどうでもいいことなのかもしれないと思ってしまうといったところでやめておこう。

BitTorrentの話

[Create: 2005/02/10 14:31] [LastUpdate: 2005/02/10 14:32]

いまさらですがBitTorrentの話です。

BitTorrentは速さが売りというか早い話がWEB上で配布するときのサーバー負荷が凄いので落としているやつらに少し手伝ってもらってサーバーの負荷を軽くしてしまえというようなP2Pのソフトです。

こういうときはミラーサーバーを用意して負荷を分散するのがセオリーというかよくあるやり方です。ただ、このミラーというのが厄介な話で人が増えればレスポンスが悪くなるからたくさん用意したいし、維持費はかさむし、多くなれば同期も大変です。有名なところで日本のRing Server Projectというものがあります。ここでは様々なソフトウェアや、文書等のファイルをミラーしてくれています。サーバーの数は現在約30。様々な団体が提供してくれています。ところがこれだけの数があっても負荷分散グラフを見ていただくと分かるように慢性的に負荷が高い状態です。

また他の例としてdebianISOイメージミラーサイト一覧を見てください。約150のミラーサイトがあります(ここに表示されていない潜在的なミラーサイトもある。例えばRingServerでもミラーリングしておりその数は30ほどあるわけでそりゃあもう凄い数になる)。

と ころがこれだけのサーバーを用意してもサーバーにかかる負荷はまだまだ大きく、回線の混雑度も相まってレスポンスがあまりよくない。特にSTABLE版の リリース時期などは(ミラーが広まるまでに時間がかかることもあるが)大変な負荷がかかる。そのためdebianでは古典的なFTPなどのミラーサーバー の他にBitTorrentでの配布もしている。

同じようにFedoraなどでもBitTorrentでの配布を行っており探せばまだまだ見つかるはずだ(FreeBSDとかもやっている)。

たしかにBitTorrentは細かいファイルを数多く配布するのには不向きだがISOイメージのように大き目のサイズのファイルを配布するためにはなかなかいい。

フリーソフトなどの配布でもよく見かけるようになってますます元気といったところだと思う。

ただダイヤルアップとかの人はちょっと大変かもしれない(使ってみた感じではそれほどでもないけれどSeederとしてあるいはLeecherでもアップロードに貢献することは大変だとおもう)。

ちなみにBitTorrentのクライアントは公式以外にも多数あるので使いやすいものを使うと良いと思う。

それと悪いことには使わないように。すぐばれますから。

こ ういった形(Linuxなどの配布など大規模な形)で使われているP2Pソフトというのは他に知らないんですがその訳というか理由っていうのは配布をコン トロールするのが簡単でやばくなったら止めるとか、そもそも偽者をつかまされにくいとか、ステキな利点が結構あるからだと思います。ただ、プロバイダがわ からすると転送量が上がって困るかもしれない。

それで日本でもっと普及するにはどうすれば良いのかと考えたんですがフリーソフトで爆発的に人気を 持っていてこりゃあ自宅サーバーでも追いつかないやっていうひとはVectorでも窓の杜でも利用すればそいつらはミラーサーバーがあるわけでたいした問 題にもならないわけで、そういうのに登録したくない人には便利だけどいまいちって言う気もします。

他にないかなーっていうとソフトウェアの体験版などのダウンロードしか頭に浮かばない貧相な想像力しかないことが簡単に判明してしまいました。

でもこういうものは日常的に使うものの方が何かと良いと思うわけでそんなもん頻繁に使うわけでもないですし。

やっ ぱり何か無いかなーっていうとどうも夜な夜なえっちな動画を落としているおじさんがたの姿が浮かび上がってきたのです。彼らはそのためによく分かりもしな いまま解凍ソフトをインストールして喜んでいるようなもんなのでBitTorrentっていうのは案外効果的かもしれないなぁと。そのぐらいはえろのため に入れてくれるでしょう。

そういうサイトって言うのは常にサーバー会社から転送量が多いとか、容量が超過するからなにか削れとか言われているわけ でこいつはどうもぴったりだと思ってしまうわけです。夜になるとサーバーが悲鳴をあげてダウンするとかそういうあれな用途にぴったりなすてきP2Pとして 普及すればおじさんもストレス無くダウンロードできるし、サーバー会社も苦しみから開放されるし、困るのはプロバイダぐらいのものでしょう。いいね。こ れ。

あとはえっちなゲーム会社かな。大抵サーバーが貧弱だろうから。

どっかのサイトでやらないかしら。えっちげーむは昔やったという話も聞かないでもない気もするけどよくわからん。

裏道でこっそり配布とかいう用途にはまったく不向きですが。

WEB サイトでも似たような仕組みのソフトができないだろうかと思案しているんですが面倒だしパス。キャッシュが凄いプロキシでも使えば分散するし。といっても 今はあんまり流行らないのかもしれないのでやっぱりあるといいのだろうか。某巨大掲示板が転送量で閉鎖危機にあったときにも似たような案があったけれど立 ち消えしたし。

と思ったら似たような掲示板で使える双助っちゅーのもあるみたい。要は認知度と認知割合だろうか。こういうものが一般的なWEBで使えてでかいファイルはBitTorrentとかになったらそりゃあもうあれな世界になりそうだ。

要するにBitTorrentを広めようぜということです。

あとはプロバイダの用意したプロキシを使おうぜ。というのと、ふたばを見るときは双助でも使いなってことかな。

吉野家のお話と相まって牛さんのお話

[Create: 2005/02/11 19:30] [LastUpdate: 2005/02/11 19:31]

昨日は気合を入れすぎました。

ちなみに私はABCというBitTorrentクライアントを使っています。

ただあまり使用する機会はありません。

以前は某有名フリーソフトウェアがBitTorrentで配布していたんですがなぜか今はしていませんし(凄い勢いで更新されていてサーバーが混み過ぎていたのでかなり効果があったはず)。

そもそもこういうことに使うにはADSLというのは不向きです。上りの帯域が狭すぎますから。

長くなるので本題へ。

今日(平成17(西暦2005)年2月11日)吉野家の牛丼が一日限定で一年ぶりに復活したそうですね。吉野家の牛丼はアメリカ産牛肉99%とかいう広告が出回ったりしたのが逆に仇というかなんというか。

そ れはいいとして普段牛肉なんて食べない私は狂牛病が流行ろうが知らんもんねといいながら今もとりあえず生きています。今まで生きてきて何度食べたのかなー と考えるとどうも両手の指で数えられそうな気もする。さすがに覚えてないだけだろうと思うが今思い浮かぶのは財布を拾ったお礼に頂いた牛肉と、会社のなん かで焼肉屋に行ったときぐらいしかない。あと何かの機会に潜在的に何回かは食べてるとは思うけれどどうもそれほど食べていない気がする。それらもあんまり 美味しいと思った記憶はない。

そもそも私がそれほど肉を食べないという問題がある気がする。今日のご飯のおかずは白菜の漬物と沢庵。それに大根の 炒め物。ここ一週間で他に食べた野菜は玉葱とじゃが芋。どれもこれも日持ちして気分のいいやつらばかりだ。恐らく二週間ぐらい前にそこら辺のスーパーで購 入した豚肉を食べたのだがそれっきりかもしれない。その肉が不味かった。普段肉やで貰ってくるものは不味くないんだが、その肉は脂身が臭くてまともに食え なかった。カレーにぶち込んでも臭い。臭いといえばその店の卵がまた臭い。何が臭いって黄身が臭い。そのおかげでしばらく卵を食べたくなかったのだが近場 の養鶏場の卵はそこそこまともで最近ではまた食べられるようになった。両者は見た目から違うのだが面倒なので略。鶏肉はブロイラーでもそれほど臭くない (少なくとも食えなくは無い)。もしかすると皮とかは臭いがするのかも知れないがササミでも食べれば問題ない(ただし味は無い)。

私の家でよく食べる肉といえば豚、鶏、羊ななわけで豚5割、鶏4割、羊1割弱で牛肉なんて差し挟む余裕は無い。

あ とはいざとなれば雀でも兎でもその辺にいるのでどうにでもなるし、それでも困れば鼠だって蛇だっているし。狸もいるけど。川には沢蟹も生息しているしそも そも沼にでも行ってなんでも釣って食うこともできる。といってもザリガニには敵わない。あれはすばらしい。雉もいるし鴨もいる。というか白鳥飛来地には鴨 がよくいるんだけれどあれをこっそりとってくるといいんじゃないだろうか。ただし矢とか罠とか網とかは使ってはだめですよ。というか間に受けて獲らないよ うに。遊び半分でそんなことしたらぶん殴ってあげますから。

というのは冗談としても(あまり冗談ではないのは父親にでも聞いてくだされば蛇や蛙や ザリガニに加え雀や犬などを食べて生き延びてきたことが分かると思いますし食糧難のロシアではこっそり市場に人肉も並んでいたりしたことからも分かるかと 思います)、やたらに動物を傷つけるのはどうかと。それで何も感じないやつは本当に殴っておきたい。

脱線しすぎ。話は牛肉のことでした。 そもそも牛肉がこれほど人気がある(これほど牛崇拝が進んでいるのは日本だけですがその辺りチラッと調べると分かると思います)のはなんのせいなんだろう か。牛鍋が流行ったからとか言う話もよく聞きますがそんなもん私なんてすき焼き食ったことねーよばか。あとはよく聞くステーキとか?これも食ったことねー よ馬鹿。そもそも獣の肉を食えなかった反動で肉は豪華ででかいほうがステキというようなあほな風潮があるかもしれない。牛はでかいから肉も大きく取れる。 日本の牛はビールなんて飲ませられたりして不健康に脂身をつけられ、『柔らかい』などと言われて可哀想だ。あんなサシが入った肉ってことが人間にしてみれ ばどういう状態なのか考えてみれば分かるだろうに(ちなみに私の体脂肪は10%前後)。柔らかい肉質がよいのであれば自然にそうなのは鶏です。さらに牛と 豚と鶏の肉で一番旨味(つまり各種アミノ酸)が多いのは鶏なんです。鶏は嫌だというのであれば羊がお勧めです。

うーむなにを言いたいのかさっぱりだ。とりあえず牛って言っておけば満足するだろうと思っている人はちょっと考えてみてください。

むー肉とか言ってたら気分が悪くなってきてしまった…

Tor - ステキなproxy

[Create: 2005/02/12 22:12] [LastUpdate: 2005/02/12 22:38]

Tor - ステキなproxy

な かなか面白いバイク体験をさせられた。お迎えにバイクっていうものはかなりあれだと思った。お詫びとしてUSB-MPG2TVを頂いてきた。まあテレビな んてまともに映らない環境なもんで専らビデオにとりだめしておいた過去の遺産を移動するのに使うことになるだろうと思うがまだ動くかも試していないし、そ もそも面倒でやらない気もする。

Torなどというものがあるらしい。

詳しい話はこの辺りを見てもらうとしてこれはなかなかに面白いものだと思う。

ちなみにSOCKSと いうのはトランスポート層あたりで頑張るプロキシでHTTPだろうがFTPだろうが独自プロトコルだろうが大抵のものに使える優れものなのです。ただし HTTPに特化したプロキシ(squidとか)などと比べると利点が少ないかもしれません。HTTPならキャッシングもできますし。

それはいいと してこういうTorなどというものがでたり、freenetなどというものがあったりするのは現在のインターネットというものが成り立ってきた経緯なども 関係するのでしょうが割合簡単に情報の発信者が特定できる(つまり姿を隠すのが難しいということ)ようになっています。

アーパネットとかの前身の 時から軍事または大学間などの研究目的などのために作られたネットワークであって個人が利用することはあまり想定されていないというか個人でも自分の名札 を掲げて町をあるっているようなものです。そういうのは武将にでも任せておけばいいわけで、足軽が掲げる必要はないのです。

例えば新聞などへの投 書で匿名希望などとしてさらに自分の氏名から住所まで伏せても相手方へは届くわけですし、どこかの人のように三億円の当り宝くじを匿名で寄付などもできる わけです。しかし、現在のインターネットのシステムではこのようにすることが非常に難しいわけです。

それを何とかしようというのがfreenetやTorなどの匿名性を高めたソフトウェアネットワークであり、匿名プロキシなわけです。

た だこの匿名というものがかなり曲者であって犯罪の温床になったりもしています。例えば小包で爆弾を自分の名前と住所を偽って送りつけるとか、(受け取り手 も送り手も分からないのを利用して)麻薬取引に宅配便を使う(そんな宅配便は無いだろうがここではそういうものがあったとしたときの話なのでご了承願いま す)というのも可能になってしまうのです。

ということなのですが今のところ誰が何をしたのかが分かるのはプロバイダぐらいのもので特別なことをしなければ(通信の秘密は守られるということを原則にしてプロバイダなどには守秘義務があるため)身元はわかりません。

ただしそれは日本の話であって(それも犯罪などをしていると開示されますが)中国とかでちょっと過激発言をすると拘束されます。

どうやらどっちもどっちですが誰も悪いことをしないなら匿名のほうが気持ちが楽な状態で色々と物が言えるということもあるのではないでしょうか。

今回それだけです。

バレンタインデー

[Create: 2005/02/14 22:50] [LastUpdate: 2005/02/14 22:52]

もし私が異性に生まれていてもまったく関係の無い行事でしょう。

仏教徒だし。これがキリシタンだったら少しは変わるかもしれませんが。

イースター、クリスマス、ハロウィンなど全て関係ない生活です。

特にバレンタインというのは神父様なものでこっそり結婚式やってたおっさんです。

バレンタインデーにチョコレートというのは日本だけでお菓子屋さん(というかメーカー)がキャンペーンをやったのが始まりですの。

恵方巻とかいう海苔巻を節分に食べるのもかなりあれなので家では誰もやる気がありませんが。私らには関係の無い文化のひとつです。

こういうことは昔からあるもので有名なものでは土用の丑のうなぎがあります。

これは平賀源内が夏になると売上が下がって困ってしまったうなぎやさん(うなぎの旬は冬です)のお願いを聞いて土用の丑の日に

『本日土用丑の日』

と平賀源内が書いた張り紙を張ったのが始まりだとか。

さてこのうなぎの場合旬は冬ですが夏になっても(脂は落ちるが)栄養的に言えばとてもよいので夏に汗などをかいて栄養不足ぎみの人々にはよいものだったのです。

チョコレートは知りませんが。チョコはあまり好きではないので普段からあまり食べません。

なんというかそんなことよりも今日はそんなバレンタインさんの命日なんだからしてあへらあへらしていちゃいちゃしている暇があったら折れた線香の一本でも上げるのがいいのではないでしょうか?

食物のお話

[Create: 2005/02/18 15:02] [LastUpdate: 2005/02/18 15:10]

牛丼のお話の続きとして

実は私とんかつなどのごってりした脂身を食すと

気が遠くなる特技を持っているのですが、

できるだけ人に知られまいと気力で持ちこたえています。

それもこれも無理やり成長させられた豚さんのやるせなさが私に降り注がれているからなんだろうと思います。

これで思ったんですが鶏でもなんでも無理やりコカの実でも食わせて育てて輸入すればそりゃもう薬効が高くてあれかなと。

まあほぼ確実にばれるでしょうが。そういうのやりたい人はインドあたりなら合法的にマリファナいけるんじゃなかったっけ?違うっけ?

まあ大麻なんてものは焼いて煙すってあへあへするためのものではなくて繊維をとったりスパイスとして実をとったりするものであってそういうあほな楽しみ方は邪道だと思うのですね。

まあタバコ吸ってるのと似たり寄ったりなんですがそういう方にはビニール袋でも焼いて煙を吸っていただくとして、最近の私は化学調味料にもやたら敏感サラリーマン並に敏感なのでそのあたり何とかならないのでしょうか。やっぱり日本から離れるのが早いか。

花粉

[Create: 2005/02/22 07:50] [LastUpdate: 2005/02/22 07:58]

あまり私には関係の無い話なのですが今年は杉花粉の量が面白いことになっているそうで。

杉といえば家の周りは杉山なので花粉の量は凄いのかといえば土が剥き出しで吸着してくれるためかそれほどでもない気もします。

昨年5月頃(だったと思う)とある商店街で透明な顔に密着するタイプのゴーグルをした高校生(だと思われる)女の子を見ました。両脇にも同世代というか同じ制服の人が1人ずつついていたのですがそれはあまり重要ではないかも。

そ のとき私は《体が弱いか何かなのかな?》と思っていましたが今考えるとあれは花粉対策なのではないかと思います。よく見ると手には透明な手袋をはめていま したし、マスクもつけていました。残念ながら耳を防御するものはありませんでしたが、あのぐらい装備すれば目、口、鼻から入る花粉の量はめっきり少なくな るはずでかなり効果的なんではないでしょうか?

まあ私の家では寄生虫のほうが心配ですが。

シュレーディンガーのネコ

[Create: 2005/02/27 17:06] [LastUpdate: 2005/02/27 17:20]

本当に半々なのか。

量子論と絡めなければ観測前にすでにどちらかに収束していると考える。

飛躍させわれわれは観測されていると考えるのは間違いであって観測されずとも結果は収束するものである。というか観測するもしないも自由だよ奥さん。

多分観測しなければどちらだか分からないのであってどちらかに収束したと仮定はできないよってことなんだけれどもシュレーディンガーは難しく考えすぎだったのかなと。

それを飛躍させた人たちもなかなかの暇人かなと。

よく考えるとどこで変になるか分からないとかそういう面白いお話なんだけれどもそれとは別の観点でこれをくじ引きにたとえるとちょっとあれな話になる。

元は二択だけれども分かりやすいように三択にしてみる。

箱に卵が入っていて二時間後に孵化するか、しないか、誰かが食べちゃったかとかそんな感じで理解していい。

くじが三本ある。一本があたり。

三人いて一本ずつくじを引く。くじは順番によってあたる確率が変化しないので誰からくじを引いても結果は平等のはずです。

まずここの時点でのパラドックスがあるかと。引く前に実は確定しているとかそういうことも言えるのかどうか。

まあまず一人がくじを引くとして、はずれだとしましょう。すると残りの人たちはどうも二分の一の確率で当たるわけでなんだか最初の人が不公平だなどと思うこと。これがこの問題にかかわって来るんではないかなとちょっと思う。